投稿日: 2016.07.19 16:47
更新日: 2016.07.19 17:39

スーパーフォーミュラ第3戦富士 P.MU / CERUMO・INGING 決勝レポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ第3戦富士 P.MU / CERUMO・INGING 決勝レポート

2016 SUPER FORMULA
P.MU/CERUMO・INGING Race Report

第3戦富士スピードウェイ
◆7月16日(日)決勝

天候:曇り|コース状況:ドライ

#1 石浦宏明 6位/#2 国本雄資 リタイア

 全日本スーパーフォーミュラ選手権第3戦の決勝レースは、わずかなミスが大きく結果を左右する、手に汗握る戦いが終始繰り広げられた。予選2位の石浦はスタート直後にポジションを落とすも、6位まで挽回してポイント獲得。国本は他車からの追突を受け、悔しいリタイアとなった。

 決勝日の富士スピードウェイも、上空は分厚い雲に覆われたものの、予選日のように雨が落ちてくることはなく、路面状況は次第にドライコンディションへ。朝一番の走行セッションとなったスーパーフォーミュラのフリー走行も、ウェット宣言は出されたが、大半のマシンがスリックタイヤでコースへと向かっていった。走行時間が20分を過ぎると、マシンの通るラインは乾き全車がタイムを削ってくる。石浦も終盤に1分32秒537のトップタイムを記録。その後1台にかわされ最終的には2番手タイムとなったが、この週末で初めてドライタイヤを装着しての走行で、調子の良さを見せた。一方の国本はセッション終盤にプリウスコーナーでスピンを喫しマシンを止めてしまったために、最後のアタックができずに決勝レースへと臨むこととなった。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング