投稿日: 2016.07.21 16:15

スーパーフォーミュラ第3戦富士 TEAM 無限 レースレポート


スーパーフォーミュラ | スーパーフォーミュラ第3戦富士 TEAM 無限 レースレポート

2016 Race Report TEAM 無限

シリーズ名:2016 年全日本スーパーフォーミュラ選手権 シリーズ第3戦
大会名:2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権 第3戦 富士スピードウェイ
距離:4.563km×55周(250.965km)
予選:7月16日(土) 雨のち曇り・観衆:12,300人(主催者発表)
決勝:7月17日(日) 曇り・観衆:22,800人(主催者発表)

TEAM 無限、トラブルで惜しくもリタイア。次戦での復活を期す。

 7月16日(土)~17日(日)、静岡県の富士スピードウェイで2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権シリーズ第3戦が開催された。このレースにTEAM無限は、#16山本尚貴をドライバーとして参加した。

 本来、開幕戦から共通供給部品であるブレーキパッドが新仕様に切り替えられる予定だったが、フィーリングに問題があるとして対策が行われ、その間は従来品が用いられていた。ようやく対策が完了したとしてこのレースより新しいブレーキパッドが使われることになったが、従来品とは感触がわずかに異なり、各チーム/選手とも感触を確かめながらの走り出しとなった。

7月15日(金)

■専有走行

2016スーパーフォーミュラ第3戦富士 山本尚貴(TEAM 無限)
2016スーパーフォーミュラ第3戦富士 山本尚貴(TEAM 無限)

#16山本 6位 1分37秒571
 午前中降っていた強い雨は昼には上がり、路面は乾いていったが、専有走行が始まる午後3時20分を前に再び雨が落ち始め、セッションが始まる頃には路面は完全なウエットコンディションとなった。#16山本はレインタイヤを装着してコースインした。今年、コントロールタイヤ供給がヨコハマタイヤに切り替わって以来、レインタイヤでの走行機会はあまりなく、感触を確認しながらの走行となった。#16山本は22周を走り、ベストタイムは1分37秒571、出走19台中6番手でセッションを終えた。

7月16日(土)

■フリー走行 1回目

#16山本 12位 1分47秒680
 明けて16日土曜日、午前9時15分から1時間にわたりフリー走行が行われた。雨は弱まり、一旦は広がりかけた霧も引いて、セッションは予定通り行われた。しかし、路面は好転するかと思うと雨で再び濡れるという不安定な状況で、セッティングを追求するのも難しい。#16山本のタイムは伸び悩み、23周を走ったが走行19台中12番手のタイムに終わった。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
神﨑沙穏(かんざきさおん)

スーパーフォーミュラ Photo Ranking

フォトランキング