スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.07.25 13:51
更新日: 2016.07.29 17:37

TOYOTA GAZOO Racing スーパーGT第4戦SUGO 決勝レポート


スーパーGT | TOYOTA GAZOO Racing スーパーGT第4戦SUGO 決勝レポート
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS apr GT

 ポールポジションスタートから一時は最後尾近くまで後退するも追い上げた大嶋/カルダレッリ組 6号車が4位、14番手スタートからファイト溢れる走りで観客を魅了した関口/国本組 19号車が5位フィニッシュとなった。

 GT300クラスでは、2番手グリッドから嵯峨のドライブでスタートを切った31号車が、スタート直後に1台にかわされるも、首位から大きく離されることなく周回。

 ドライバー交代が可能となる、レースが3分の1を過ぎるぎりぎりのタイミングでセーフティカーが導入されると、レース再開後すぐに31号車はピットインし中山雄一へとドライバー交代。その後、中盤戦にかけてライバルがピットインして行き、全車がピットを終えた時点で、31号車は4位につけた。

 終盤、天候が回復し、路面コンディションが向上していく中で、中山雄一の31号車はペースアップ。ライバルを次々にパスしていき、62周目についに首位に立った。

 首位に立った31号車は、2位に3秒ほどの差を付けて周回。残り7周ほどのところでレースは赤旗中断となり、そのまま終了することが決定され、嵯峨/中山雄一組 プリウス31号車が、今季初勝利を飾った。

TOYOTA PRIUS apr GTの嵯峨宏紀、中山雄一
TOYOTA PRIUS apr GTの嵯峨宏紀、中山雄一

 TOYOTA PRIUS apr GT 30号車は18位。SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車はリタイアに終わった。


本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
野田桃加(のだももか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング