スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.07 22:37

ARTA BMW M6 GT3 スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | ARTA BMW M6 GT3 スーパーGT第5戦富士 レースレポート

ARTA Project Race Report

第5戦 富士 決勝レポート (GT300)

チーム連携でポール・トゥ・ウィン!

 午前のセッションは決勝のセット確認を行う予定だったが、ちょっとしたメカニカルトラブルが出てしまい、セッションを有効に使えなかった。しかしながら、トップタイムで朝のフリー走行を終えた。

 スタートドライバーは高木真一。高木はスタートで2番手の車を牽制しながら1コーナーに入っていった。10周目までは安定したペースで2番手を引き離していたが、無線で水温が高くなってきた事を訴えてきた。しかし、水温を下げる方法はなく、高木は車を労りながら走行を続けた。

 その5周後くらいに300クラスの他車のパーツがコース上に落ちてしまい、セーフティーカーが入る。セーフティーカーが入った事でストレート上で車両を一度止めなくてはならないが、高木は止まる事による水温の上昇を気にしていた。

 しかし、ストップしている時間は少なく、数周後に再スタート。タイヤを冷やすことも出来て、安定したペースで走る事が出来た。高木は長めに走行する事を想定していたが、ライバルの2番手の車が先にピットインしたので、作戦を変更して、ピットインを早めた。

 チームは素早い作業で2番手に6秒の大差をつけて小林崇志をコースに送り出した。小林はトップをキープしながら周回を重ねたが、終盤2番手の車が猛追してきた。小林は無線で「絶対に勝ちます」と言いながら、この接戦を制し、今季初優勝を果たした。


本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング