スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.15 17:39

VivaC team TSUCHIYA スーパーGT第4戦SUGO レースレポート


スーパーGT | VivaC team TSUCHIYA スーパーGT第4戦SUGO レースレポート

VivaC team TSUCHIYA
レースレポート

2016SUPER GT Rd.4 スポーツランド菅生
■日時  2016年7月23-24日
■車両名 VivaC 86 MC
■場所  スポーツランド菅生
■ゼッケン 25
■監督  土屋春雄
■ドライバー 土屋武士/松井孝允
■チーム VivaC team TSUCHIYA
■リザルト 予選 1位/決勝 2位

充実のテスト期間
そしてテスト時に決めたQ2の走者

 2戦を終えて、前回の富士では表彰台を獲得し、いいリズムでシーズンのコマを進めています。第3戦が中止となり、約2ヶ月半のインターバルに3回のテスト走行の機会がありました。第3戦終了時点でシリーズランキングも4ポイント差の3番手につけ、目標であるシリーズチャンピオンの為には、JAF車両が有利なレイアウトの菅生&鈴鹿サーキットで、大きなポイントを稼ぐ必要があります。

 鈴鹿・菅生・鈴鹿と3回のテストを、この先戦うための武器を作るというイメージを持って取り組んだところ、理想的な形でレースの準備をすることができました。具体的には、最初の鈴鹿テストで沢山のパーツの評価をして、その効果を確認。次の菅生テストで、その根拠に基づきバランスを確認し、タイヤの摩耗チェック。最後の鈴鹿テストで、引き続きバランス確認とハンディウエイトを重くしてのパフォーマンスチェックとタイヤの摩耗確認。それぞれ理想的にテストは進み、後半の2回のテストでは、タカミツにセットアップとタイヤテストをやってもらい、私、土屋武士はエンジニアに専念する時間を増やしました。

 この狙いは、タカミツのセットアップ能力の向上と、新品タイヤでのアタックを繰り返すことにより、一発のタイムを出すことと、単純にドライバーとしてのパフォーマンスアップが目的です。そして菅生テストではしっかりと総合トップタイムをマークしてくれたので、この時に、次回の菅生戦のQ2はタカミツにやらせてみようと決断しました。

 ここでポールが獲れたら、チャンピオンを目指す上での最強の武器になる!


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング