スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.08.16 18:06

GOODSMILE RACING & TeamUKYO スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | GOODSMILE RACING & TeamUKYO スーパーGT第5戦富士 レースレポート

2016年8月吉日
株式会社グッドスマイルカンパニー

GOODSMILE RACING & TeamUKYO レースレポート 4
第5戦富士は荒れたレースを粘りの走りで5位完走

SUPER GT 2016 第5戦
会期:2016年8月6~7日
場所:富士スピードウェイ
   (静岡県)
天候:晴れ
動員:5万1900人(2日間)
予選:5位
決勝:5位

グッドスマイル 初音ミク AMG (C)米山舞 / CFM
グッドスマイル 初音ミク AMG
(C)米山舞 / CFM

■8月6日(土)吸気を絞られながらも予選は5位獲得!
 SUPER GT 2016 第5戦 富士スピードウェイ。ゴールデンウィーク中に開催された第2戦 富士スピードウェイではタイヤバーストによりノーポイントで終わってしまっただけに、今回は上位を狙いたい。
 また今回のレースでは、性能調整により前戦で50kg積まれていたウェイトが5kgにまで減らされ、車両重量が1290kgまで軽量化された。その一方で、エンジンに空気を送り込むリストリクターの径を、36mmから34.5mmに縮小されてエンジンパワーが抑えられた為、ストレートが特に長い富士スピードウェイでは、かなり厳しい戦いが予想された。

 6日、予選日。朝から天気は快晴で、気温33度、路面52度とうだるような暑さとなった。予選1回目(Q1)は片岡選手が担当。セクター2で最速タイムを叩き出し、「1‘38.662」を記録。しかし練習走行時から上位陣は37秒台から38秒台前半を出しており、それはQ1でも同じ。徐々に順位が落ち、途中赤旗中断が入るもタイム更新はならず、Q1は11位で通過した。

 予選2回目(Q2)は谷口選手がステアリングを握る。1つでも前のグリッドを獲得する為に、猛アタックを敢行。3周目に「1’38.145」を叩き出し、上位につける。その後、Q1と同じく37秒台を出すライバルたちが続出したものの、なんとか5位で踏みとどまり、決勝は今季最上位グリッドの5番手からスタートすることになった。

グッドスマイル 初音ミク AMGとグッドスマイル 初音ミク SLS (C)米山舞 / CFM
グッドスマイル 初音ミク AMGとグッドスマイル 初音ミク SLS
(C)米山舞 / CFM

本日のレースクイーン

RAYBRIGレースクイーン
相沢菜々子(あいざわななこ)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング