スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.05.08 12:36
更新日: 2019.05.08 17:46

ニッサン 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート


スーパーGT | ニッサン 2019スーパーGT第2戦富士 レースレポート

MOTUL AUTECH GT-R、2戦連続の2位表彰台を獲得

スーパーGT 2019第2戦レースレポート
5月4日 富士スピードウェイ

【GT500クラス】

 スーパーGT第2戦『FUJI GT500km RACE』の決勝が行われ、ポールポジションからスタートした#23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ)が2位表彰台を獲得しました。

 開幕戦で2位表彰台に上がった#23 GT-Rは、17kgのウェイトハンディを搭載して第2戦に挑みました。公式予選では、Q2に出走したクインタレッリがこれまでのコースレコードを更新し、2戦連続でポールポジションを獲得しました。

 決勝日は午前中こそ青空が広がり初夏のような暑さも感じられましたが、決勝に向けたスタート進行中、グリッドウォークが行われている頃から雲行きが怪しくなると、ぽつぽつと雨粒が落ちてきました。次第に雨量も増え、コース上もウエットコンディションになってきたことから、110周の決勝レースはセーフティカー(SC)先導のもとスタートしました。

 2周のセーフティカーランを終え、3周目に入ったところで実質的にレースが始まりました。ポールポジションスタートの#23 GT-Rはクインタレッリが第1スティントを担当。2位スタートの#37 LC500にいったんかわされたものの、6周目の100Rで再びトップを奪い返しました。
 
 ここから後続との差を広げにかかりましたが、9周目に入る頃から雨脚が強まり、GT500クラスでもオーバーランするマシンが出るほどコンディションが悪化。クインタレッリはなんとかコース上にとどまっていましたが、13周目に入った1コーナーで、後ろから迫っていた#38 LC500に逆転を許し、2位に後退。直後にSCが入り、そのまま16周目には赤旗が提示されレースは一旦中断することになりました。

 天候の回復を待って、約30分後にSC先導のもとレース再開。18周を終えてSCが隊列を離れ、再びバトル開始となりました。コース上は以前ヘビーウエットコンディションで、タイヤに十分な熱が入るまで#23 GT-Rには苦しい時間が続き、20周目には5位まで後退。しかしその後ペースを取り戻して次々に前のクルマをとらえていき、31周目にはトップを奪い返しました。
 
 32周目にはファステストラップを記録するハイペースで周回を重ね、41周を終えてピットイン。スリックタイヤに履き替えると松田にドライバー交代して第2スティントへと向かいました。44周目には全車が1度目のピット作業を終え、#23 GT-Rはトップに浮上しましたが、59周目に#38 LC500の逆転を許し2位後退。
 
 松田はなんとか食らいつきながら80周目まで力走を見せてピットイン。1周前に#38 LC500はピット作業を終えていましたが、チームの素早い作業で逆転に成功しトップを奪い返しました。
 
 最後のスティントを託されたクインタレッリはベストラップを更新しながら周回を重ねましたが、気温と路面温度が下がってきたことからペースが上がらなくなり、99周目の1コーナーで#38 LC500にかわされてしまいました。残り10周を懸命に走り切った#23 GT-Rは2位でチェッカーを受け、開幕戦から2戦連続で表彰台獲得を果たし、ポイントランキングで首位に浮上しました。

 予選8番手からスタートした#3 CRAFTSPORTS MOTUL GT-R(平手晃平/フレデリック・マコヴィッキ)は、第1スティントを担当した平手が5位まで順位を上げると、GT500クラスの中ではいち早くスリックタイヤに交換し、マコヴィッキィが上位陣を追い上げていきました。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング