スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.05.31 17:44
更新日: 2019.05.31 17:46

31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 2019スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート


スーパーGT | 31号車TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT 2019スーパーGT第3戦鈴鹿 レースレポート

公式予選Q1
5月25日(土)14:40~15:04

 Q1を担当したのは今回も嵯峨選手。公式練習が終わった後、より強い日差しが注がれるようになり、気温は31度、路面温度は48度にまで上昇した。これはもう、真夏も同然だ。となれば、タイヤにかかる負担を考えると1周にすべてを賭ける以外にない。嵯峨選手は3周のウォームアップの後、アタックを開始する。

 そして叩き出されたのは1分58秒720で、その時点での6番手につけることに。これで嵯峨選手は予定どおり走行を終了する。その後、赤旗中断があって、残り4分で再開されるが、その間に1台の先行を許してしまったとはいえ、7番手は今季ベストリザルト。そして、#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTとしては、初めてのQ1突破に成功する。

公式予選Q2
5月25日(土)15:34~15:44

 Q1で赤旗中断があったため、当初の予定より9分遅れでQ2は開始された。初めて#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTで予選に挑んだ中山選手ではあったが、気負いの様子はまったくなさそう。

 それは長年の経験の賜物と言えるだろう。「ウォームアップは1周減らした方が良さそう」との嵯峨選手のインフォメーションを受け、2周のウォームアップ後に中山選手はアタックを開始した。この判断が的確だったのは、1分58秒582にまでタイムアップを果たしたことでも明らか。その結果、#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GTは13番手につけ、7列目から決勝レースに挑むことが決定した。

TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)
TOYOTA GR SPORT PRIUS PHV apr GT(嵯峨宏紀/中山友貴)

嵯峨宏紀

「まずはQ1を今年初めて突破できて良かったです。今回はマシンの骨格を大幅に変えてきて、それがうまくいった感じではありますね。とはいえ、まだまだテストの段階のようなものであるので、本当の実力にはたどり着いてはいません。決勝では中山選手と、気を抜かずに走ろうと思っています」

中山友貴

「だいぶ戦えそうな雰囲気になってきて、今まで足りていなかった部分を補えてきたな、という感触はあります。とりあえず、このクルマでニュータイヤを履いてアタックしたのは初めてで、そのなかでは悪くなかったと思います。前回の決勝は後半が良くなかったんですが、今回はふたりでしっかり走りきれれば、次につながるかなと。まずはそこが重要だと思います」

金曽裕人監督

「ようやくQ1を突破できましたが、まだ速くないし、まだ満足できるところにはいないですけれど、方向性が分かったことで、この結果を得られたのだと思います。我々は2台で戦っているので、もう1台とは違ったセットを予選でも試してみて、どちらがいいか見ようとなって31号車の方が良かったという感じでもあります。でも、2台とも良い方向にはあって、かなり深いところまでクルマはきています。細かいところですごく反応するようになったし、クルマの持っている素性はすごく見えてきましたので、決勝にもご期待ください」


本日のレースクイーン

ADVICS muta Racing fairies
藤井マリー(ふじいまりー)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング