スーパーGT ニュース

投稿日: 2019.08.07 11:08
更新日: 2019.08.07 11:09

R&D SPORT 2019スーパーGT第5戦富士 レースレポート


スーパーGT | R&D SPORT 2019スーパーGT第5戦富士 レースレポート

第5戦 富士スピードウェイ
予選順位:4位
決勝順位:10位
Team Ranking:12位
Driver Ranking:13位

2019.08.05 – SUPER GT第5戦 富士スピードウェイ・決勝

SUBARU BRZ GT300は10位で完走

 8月5日(日)にSUPER GTシリーズ第5戦、『Fuji GT 500 mile Race』の決勝レースが行われました。真夏の強い日差しのなか、述べ6万人を超える観客を集め熱い戦いが繰り広げられました。

 予選4位の好位置からスタートするSUBARU BRZ GT300は、スタートドライバーを山内英輝が務めます。午後1時40分にスタートが切られ177周で争われたレースは、序盤4位のポジションをキープします。

 山内は第1スティントを31周走りピットイン。井口卓人にドライバー交代します。タイヤは4本を交換しピットアウトしますが、給油時間がかかることもあり、大きく順位を落としてしまいます。

SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)

 それでも井口は果敢な走りを見せ、徐々に順位を挽回していきます。また、猛暑の影響なのか、タイヤやマシンにトラブルを出すチームもあり、落とした順位は上がっていきます。

 58周目からの3ラップは、360号車GT-R、65号車メルセデスAMG GT3と3台で激しく3位を争い、手に汗を握ります。BRZ GT300は3位に順位を上げ、そして64周目にピットインします。

 再び山内がドライブしますが、このときはリヤタイヤ2本交換でピットアウトします。今回のレースでチームはタイヤ交換の本数を減らすことでピットストップの時間を短くすることに挑戦しています。そのため、2本交換、4本交換、そして最後のスティントの山内のときにはタイヤ無交換作戦に挑戦しました。

 それでもピットインでは順位を下げ、コース上で順位を挽回するという展開を余儀なくされます。また山内のラストスティントではタイヤの摩耗が激しくラップタイムをあげることができず、徐々に順位を下げてしまいました。

 一方トップ争いをするチームのなかには、ピットインで給油時間の短いチームがあり、SUBARU BRZ GT300には厳しい展開となりました。

■コメント
井口卓人

「マシンの信頼性も上がって良くなっていたのですが、今、できることはベストを出せたと思います。どうしても給油時間がかかり、それを取り戻す展開なので、厳しいレースになってしまいました」

「しかし、BRZ GT300にとっていつも厳しい富士のレースなので、しっかり完走できポイントも取れたので、そこはよかったです」

渋谷真総監督

「ピット作業もタイヤ交換の本数を減らすチャレンジも全てミスなくレースできたのですが、給油時間でロスする時間の短縮ができず、コース上で取り戻すことになってしまいます。ですので、今の状況ですと、この長距離走行は難しい展開になってしまいました」

 次戦のSUPER GT 第6戦は9月7日(土)、8日(日)に大分県日田市のオートポリスで300kmレースが開催されます。雪辱を晴らすレースに期待しましょう。

SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)
SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝)


関連のニュース

本日のレースクイーン

WedsSport RacingGals
宮本りお(みやもとりお)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング