スーパーGT ニュース

投稿日: 2021.03.20 12:00
更新日: 2021.03.22 18:09

今明かされるマイナーツーリング、スターレットvsサニーの死闘。カギはエンジンではなく車体


スーパーGT | 今明かされるマイナーツーリング、スターレットvsサニーの死闘。カギはエンジンではなく車体

『富士グラチャン(富士グランチャンピオンレース)』。この言葉に反応するオールドファンならば忘れられないのが、前座のマイナーツーリングだ。排気量1300cc以下のツーリングカーで争われるこのレースにおいて1970年代前半を席巻したのがB110型サニーだった。

 サニーの登場までこのクラスはトヨタの独壇場であった。失地回復を目指してトヨタは1975年新型スターレット(KP47)にDOHC4バルブエンジンを搭載して投入。エンジンパワーでサニーを圧倒した。スターレットの4バルブに対してサニーは2バルブ、しかもOHVだった。対抗しようと各チューナーは工夫を凝らし、吸排気バルブ駆動用プッシュロッドを軽量化するために、当時は最先端であるカーボン素材使用するなどチューニング競争を繰り広げた。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
亀澤杏奈(かめざわあんな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング