スーパーGT ニュース

投稿日: 2016.04.12 16:21
更新日: 2016.04.12 16:22

タイヤ供給社に聞くGT500×DTM『クラス1』規定の現在と将来


スーパーGT | タイヤ供給社に聞くGT500×DTM『クラス1』規定の現在と将来

 スーパーGT500クラス、そしてDTMドイツツーリングカー選手権で使用されている共通規定『クラス1』。現在、まだエンジンなどの部分で完全な統一には至っていないが、将来の統一に向け、5月に東京でSGT、DTMに参戦する日欧6社とGTA、ITRによる会議『ステアリング・コミッティ』が開催される予定など、まだ今後に向けた話し合いは続いている。

 ファンにとってもぜひ見てみたいのが、GT500とDTMによる交流戦。これまでも何度か話は出ているが、もしエンジン規定が統一されたとしても、残る課題としてタイヤという問題が残っている。スーパーGTではマルチメイク、DTMではハンコックのワンメイクであり、当然競争があるマルチメイクであるスーパーGTの方が、高い性能を発揮している。

 では、DTMにタイヤを供給しているハンコックの視点から見て、クラス1規定の統一についてどんな考えをもっているのだろうか。DTMでハンコックの広報代表を担当している、フェリックス・キンツァー代表に話を聞くことができた。

Q:DTMとスーパーGTとのレギュレーションの統一化に向け、両国間のイベントレースの計画もありますが、それにともなったタイヤの現状況について、ハンコックとしての見解をお聞かせください。
フェリックス・キンツァー(以下FK):DTMに参戦する3メーカーが、スーパーGTで使用されているタイヤをすでに取り寄せているだろうという情報は耳にしている。ただ、おそらくタイヤのサイズが違うので、DTMの実車走行テストはできないうえに、DTMではテストの機会がかなり厳格に決められているので、実質的にベンチ上でのデータ収集しかできていないと予想している。


本日のレースクイーン

TEAM GOH Models
岩本ルミナ(いわもとるみな)

スーパーGT Photo Ranking

フォトランキング