F1ニュース

2016.07.22

ロズベルグ、メルセデスと2018年までの新契約にサイン


 ニコ・ロズベルグはメルセデスF1チームと新たな契約書にサインした。チームはハンガリーGPが開幕する7月22日に、ロズベルグとの契約延長を正式発表。この新契約により、ロズベルグは2018年シーズン終了まで同チームで戦うことになる。 

 ロズベルグは2010年から同チームに在籍し、ここまでにポールポジション25回と優勝19回という成績を挙げている。今季は開幕からチャンピオンシップをリードし、現在はチームメイトのルイス・ハミルトンに1点差と迫られているものの、依然ランキング首位に立っている。

 ロズベルグとの契約を延長したチームは「ニコはシルバーアローの主要メンバーとして、これまでのチームの成功に大きな貢献をしてくれた」と語っている。

 発表はフリー走行1回目の開始を前に行われたため、チーム関係者やロズベルグの声が聞けるのは、セッション終了後となりそうだ。

 契約延長の発表とともに、メルセデスF1チームを率いるトト・ウォルフとロズベルグが力強く握手する様子を収めた映像が公開されている。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

データシステム/2019TAS
川瀬忍(かわせしのぶ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング