F1ニュース

2016.08.27

マクラーレン「アロンソは35グリッド降格。だが新PUに改善みられる」/ベルギーGP金曜


 2016年F1ベルギーGPの金曜プラクティスで、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソは22位(ノータイム)/12位、ジェンソン・バトンは18位/9位だった。

 パワーユニットのアップグレードにより、2台ともに5基目のPU(6エレメントすべて)を投入。しかしFP1序盤にアロンソに水漏れのトラブルが発生、彼に関しては6基目のPU(6エレメントすべて)に交換、これによって金曜時点で合計35グリッド降格のペナルティを受けることが確定している。

■マクラーレン・ホンダ・フォーミュラ1チーム
レーシングディレクター エリック・ブーリエ
 さまざまな出来事に影響され、難しい一日だった。しかしそのチャレンジにしっかり対応し、FP2の終わりまでにはそれなりのハンドリングバランスを見つけ出し、進歩することができた。 

 我々はコーナリングスピードが優れており、その点では誰にも引けを取らない。だがこの高速で長いスパ・フランコルシャン・サーキットが、我々のパフォーマンス特性に合ったものではないことは最初から分かっていた。

 それでもホンダとエッソが、燃焼効率、ターボ/コンプレッサーのエネルギーの回収およびデプロイの改善を成し遂げており、それがわずかながらも認識可能なポジティブな影響をもたらしている。それは称賛すべきことだ。

 しかし明日の予選までにやるべき仕事は多い。さらに、フェルナンドはPU関係の非常に重いペナルティを受ける。そのため、彼にどれだけの仕事をする力があっても、必然的にグリッド降格によってそれが妨げられることになる。 

 しかしそれが規則だ。そうとしか言いようがない。


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

Valenti Japan×花魁/2019TAS
佐南有紀(さなみゆうき)

F1 Photo Ranking

フォトランキング