F1 ニュース

投稿日: 2016.04.21 08:30
更新日: 2016.04.21 08:31

「2016年F1は面白い」。規則変更は必要なしとチームボスが主張


F1 | 「2016年F1は面白い」。規則変更は必要なしとチームボスが主張

 メルセデス・モータースポーツのボス、トト・ウォルフは、2017年のF1規則変更はもはや必要ではないとの見解を示した。今年のF1は十分面白い展開になっているというのがその理由だ。

 人気向上を目指すF1は、来年、エアロパッケージを変更、よりワイドなタイヤを導入するなどの案を押し進めている。しかし今月末の期限が近づくなか、規則はまだ固まっていない。

 翌年の規定変更の最終期限は2月末と定められていたが、結論が出なかったため、2017年のF1スポーティングレギュレーションとテクニカルレギュレーションの最終決定期日は4月30日まで延期された。

 一方で、今年は昨年までよりもいいレースが見られているという意見も出ている。タイヤ規則が変更され、3種類のコンパウンドが持ち込まれ、ドライバーごとに選択の自由がある程度認められたことで、戦略の幅が広がった。また、パワーユニット間の差も縮まってきており、序盤3戦すべてをメルセデスのニコ・ロズベルグが制してはいるものの、メルセデスとそれ以外のチームとの差は以前よりも接近している。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2020
藤谷梨砂子(ふじたにりさこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング