F1 ニュース

投稿日: 2016.04.30 13:54

バトン「レッドブルのエアロスクリーンはカッコ良く見える」と高評価


F1 | バトン「レッドブルのエアロスクリーンはカッコ良く見える」と高評価

 マクラーレンのジェンソン・バトンとフェルナンド・アロンソは、レッドブルの「エアロスクリーン」は見た目にも悪くないと感じているようだ。特にバトンは、これによってむしろマシンのルックスが良くなるとまで語った。

 ロシアGP最初のプラクティスで、レッドブルは独自のコックピット保護デバイスをダニエル・リカルドのマシンに装着してテストした。1周のインスタレーションラップを行ったリカルドは、視界に特に問題はなかったと報告している。

 現ワールドチャンピオンのルイス・ハミルトンは、このエアロスクリーンにもフェラーリがプレシーズンテストで試したハロにも否定的な態度を示している。だが、彼の元チームメイトであるバトンは、金曜のプラクティスで実物を目にしたエアロスクリーンが気に入ったようだ。

「見た目はいいと思うよ。むしろ普通のF1カーよりカッコ良く見える」と、バトンは言う。
「レッドブルが試したあのデザインを採用したとして、2~3年後にいまのマシンを振り返ってみたら、逆にスクリーンがない時代のクルマのほうが奇妙に見えるんじゃないかな」

「昔、家族でよくブリストルへパワーボートのレースを見に行ったんだ。長年オープンコックピットだったパワーボートがクローズドコックピットになったときには、以前よりずっとクールに見えたよ」

「ただ、あのデバイスを導入する理由は、ルックスではなく安全性にあるのだから、安全性の観点から正しいものを選ぶ必要があることは言うまでもない」

 アロンソも、美しいかどうかよりも安全性が重視されなければならないと強調するいっぽうで、バトンと同様に、ハロよりもレッドブルのコンセプトのほうがルックスは好きだと述べた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

F1 News Ranking

本日のレースクイーン

tomica
山本もえぎ(やまもともえぎ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング