F1 ニュース

投稿日: 2016.02.16 09:59
更新日: 2016.03.09 10:05

ルノー、ライバルチームから大量の人材引き抜きへ


F1 | ルノー、ライバルチームから大量の人材引き抜きへ

 ルノー・スポールF1が、ワークスチームとして成功を収めるため、ライバルチームから優秀なスタッフを多数引き抜くことを計画していることが明らかになった。

 ルノーはロータスF1チームを買い戻す形で、2016年から再びF1にワークスチームとして参戦する。しかしロータスは近年多額の赤字に苦しみ、人員削減を行ってきたため、スタッフの数が足りない状況だ。

 12月にワークス参戦を正式に発表して以来、スタッフはどの程度増えたかという問いに対し、ルノー・スポール・レーシングのマネジングディレクター、シリル・アビテブールは「今のところほとんど増えていない」と答えた。

「優秀な人材をしっかり確保したいと考えている。しかし優秀な人材は普通はすぐには動けない。(情報漏れを防ぐため所属チームから)“ガーデニング休暇”を取らされるので、6カ月、あるいは1年待たなければならないのだ」

「今、エンストン(シャシー部門のファクトリー)には490人のスタッフがいる。これを2017年末までに650人に増やす計画だ」

「ビッグチームは800人のスタッフを抱えている。我々はエンストンのスタッフを650人に増やし、メルセデスやレッドブルと戦うつもりだ」
「ビリー(エンジン部門のファクトリー)とエンストンで多数の活動を共有する形でこれを成し遂げる」
「他より人数は少ないが、それでもライバルチームと戦えるはずだ」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています