F1 ニュース

投稿日: 2016.05.28 14:39
更新日: 2016.05.28 15:10

ザウバーとフォース・インディア、2017年のエンジン規則に懸念を表明


F1 | ザウバーとフォース・インディア、2017年のエンジン規則に懸念を表明

 ザウバーとフォース・インディアが、FIAと商業権の所有者に対し、来季から施行されるエンジンレギュレーションへの懸念を表明する書簡を出した。 

 4月末に世界モータースポーツ評議会は、エンジン供給コスト、入手可能性、性能の均衡化、ノイズの各問題に対処するためのプロポーザルを承認した。これにより、エンジンの供給コストは今年の価格を基準にして100万ユーロ引き下げられ、さらに2018年から2020年にかけて300万ユーロ下げることが決まった。また、エンジンを必要とするチームがある場合、FIAはカスタマーの数が最も少ないマニュファクチャラーに対し、そうしたチームへの供給を命じることができるようになる。

 しかし、純粋なインディペンデントチームであるフォース・インディアとザウバーは、これらの対策だけでは十分ではないと考えているようだ。それを伝えるべく、この2チームはFIA会長ジャン・トッドとF1の総帥バーニー・エクレストンに書簡を送ったという。

 ザウバーのチームボス、モニシャ・カルテンボーンは、次のように語っている。
「フォース・インディアとザウバーは、FIAと商業権所有者に書簡を送り、(エンジン規則の)変更に関する私たちの懸念を伝えました。その詳しい内容を公開するか否かを決めるのは、私たちではなく書簡を受け取った側の人々です。彼らが、この件についてみなさんと話し合いたいと言うなら、ザウバーとフォース・インディアは、それに反対するつもりはありません」


本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング