F1 ニュース

投稿日: 2016.06.08 12:31
更新日: 2016.06.08 12:35

F1の近未来「2017年問題」の次は、2020年からのコンコルド協定が焦点に


F1 | F1の近未来「2017年問題」の次は、2020年からのコンコルド協定が焦点に

 2017年から4年間のF1パワーユニット規則が決定したことを受け、クレア・ウイリアムズは2020年以降の新たな「協定」について、話し合いを持つことを望んでいる。 

 何カ月にも渡る協議の結果、2017年開幕から導入されるパワーユニットについてはコスト、供給義務、パフォーマンスの平等化、エンジン音の4項目が合意に至り、ボディワークに関する新ルールも決定した。現在有効なF1運営組織とチーム側の二者間協定、通称「コンコルド協定」は2020年をもって失効となる。失効までには4年以上の年月があるため、上層部は新たな協定について考えをめぐらせる時間が十分にあると言える。

「パワーユニットの規則を含む2017年レギュレーションをここまで固めるために、全員が多大なる努力を払ってきました。今後は2020年以降のコンコルド協定のみならず、F1が2020年以降にどうなっていくべきかに取り組んでいく必要があります」とウイリアムズは言う。

 現在の運営方法では、まずメルセデス、フェラーリ、レッドブル、ウイリアムズ、マクラーレン、フォース・インディアからなるストラテジー・グループがミーティングを開き、F1の戦略的方向性についての案をまとめ、協議をすることになっている。その後F1コミッションが提案についての投票を行い、賛成票がある場合には世界モータースポーツ評議会へと送られ、ここで承認を受けるとレギュレーションとして採用される。2020年以降もストラテジー・グループを維持したいかと問われると、ウイリアムズは以下のように答えた。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング