F1 ニュース

投稿日: 2016.06.08 21:18
更新日: 2016.06.08 21:21

メカUPDATE:マックスダウンフォースを制したレッドブルと最新型ルノーPU


F1 | メカUPDATE:マックスダウンフォースを制したレッドブルと最新型ルノーPU

 モナコはユニークなサーキットだが、F1チームにとって、もはや特別なハイダウンフォースが要求される場所ではなくなっている。

 モナコでは平均速度がきわめて低いため、一般的なコースと比べると、それほどドラッグの増加に対して気をつかう必要はない。だが、近年どのチームも大部分のサーキットをハイダウンフォース仕様で走るようになっており、昔のように極端なモナコ専用エアロパッケージを作らなくなっているのだ。

 とはいえ「モナコ仕様」の基本は変わらない。すなわち最大限のダウンフォース、やや高めの車高、そしてステアリングの切れ角を増すためのボディワークの加工だ。

 ブレーキの温度も高めになる。おもな理由は激しいブレーキングによるディスクの温度上昇ではなく、キャリパーとブレーキ液に熱がたまりやすいことにある。

 そして、リヤタイヤの温度を上げないように、リヤブレーキの熱は極力ホイールに伝わらないようにしたい。うまくトラクションをかけることが重要なモナコでは、それでなくてもリヤタイヤの温度が上がりやすいからだ。反対にフロントタイヤは温度が上がりにくいため、ブレーキの熱をホイールを通じてタイヤに伝えてやるのが望ましい。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

BUZZ Racing Lady
空陸海ゆきな(くりみゆきな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング