レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.06.25 13:18
更新日: 2016.06.25 13:19

ホンダ長谷川総責任者「新型ERSはメルセデスと同レベル」と語る

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | ホンダ長谷川総責任者「新型ERSはメルセデスと同レベル」と語る

 ホンダが今年開発した新しいERS(エネルギー回生システム)は、いまやメルセデスの同システムと対等であると、ホンダの人々は考えている。 
 ERSは、2015年シーズンにおけるマクラーレン・ホンダの最大の弱点だった。昨年、彼らは予選で一度もトップ10に入れず、F1コンストラクターズ選手権を9位で終えた。

 このため、ホンダのオフシーズンのエンジン開発の主眼は、排気からのエネルギー回生をいかにして改善するかに置かれていた。そして、2週間前のカナダGPでは、ERSのパフォーマンスをさらに高めるべく、ターボのアップデートも投入された。

 その成果として、マクラーレンは過去4レース中3回のQ3進出を果たし、2016年の開幕からわずか8戦で、早くも2015年の総得点を3点上回っている。
「エネルギー回生システムに関して言えば、すでに目標を達成していて、いまではメルセデスと同じレベルにある」と、ホンダの長谷川祐介総責任者は語った。
「私たちの回生システムの性能は、トップチームと比べてもそれほど変わらない。それについては確かな自信を持っている」


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース