F1 ニュース

投稿日: 2016.07.13 08:12
更新日: 2016.07.13 08:17

アロンソ&マクラーレン・ホンダ「非常にポジティブ」。PUアップグレードの確認、来季用のデータ収集も


F1 | アロンソ&マクラーレン・ホンダ「非常にポジティブ」。PUアップグレードの確認、来季用のデータ収集も

 チームマネージャーであるデイビッド・レディングは、ポジティブなテスト初日だったと総括している。
 
「不安定なコンディションが、フェルナンド、メカニック、エンジニアたちに大きなチャレンジを課したが、今日のテストプログラムを完了でき、非常に喜んでいる」

「雨のおかげでさまざまな仕様を試し、貴重なデータを大量に集めることができた。それが夏休み前の2戦のセットアップに役立つことだろう」

「今日は非常にポジティブな一日だった。フェルナンドが105周を走りこみ、データを収集したことが、明日ストフェル(・バンドーン)と共に進めるプログラムの準備に役立てられる」

「今回のテストで集めるデータはシャシーとパワーユニットの短期的および長期的開発を、特に空力コンポーネントの面で支えることになる。今日のロングランはパワーユニットに関しても有用な走行となり、最新アップグレードを行った後のデータの確認も行うことができた」

 ホンダチーフエンジニア、中村聡氏は、非常にスムーズな一日だったと語った。
「今日のテストはイギリスGPでICEに行ったインテークシステムのアップグレードのデータと機能性の確認に集中しました。フェルナンドが堅実で一貫した走行を行ってくれたおかげで、信頼性とパフォーマンスに関する有用なデータを集めることができました。今夜エンジニアたちがこれを分析します」

「ドライコンディションでもウエットでもたくさんの周回を走ることができ、すべてがスムーズに進行しました。テスト初日には満足しています」

 テスト最終日となる13日にはリザーブドライバーのストフェル・バンドーンがステアリングを握る。


本日のレースクイーン

HMReady’s
西崎華弥(にしざきかや)

F1 Photo Ranking

フォトランキング