F1 ニュース

投稿日: 2016.07.14 06:50
更新日: 2016.07.14 17:20

ライコネン、自身の予選タイムを更新し総合トップ:F1合同テスト最終日


F1 | ライコネン、自身の予選タイムを更新し総合トップ:F1合同テスト最終日

 13日、シルバーストンでのF1合同テストが2日目最終日を迎えた。ザウバーを除く10チーム11人のドライバーが走行、フェラーリのキミ・ライコネンが2日間総合のトップタイムをマークした。

 シルバーストンではこの日、昼過ぎに一時激しい雨が降り走行が中断。しかしこの時間帯を除くと、午前も午後もドライコンディションでの走行を行うことができた。
 
 ライコネンは103周を走行、残り50分の時点でソフトタイヤで1分30秒665を記録。前日のフェルナンド・アロンソによるトップタイム1分31秒290より大幅に速く、ライコネン自身がイギリスGP予選で記録した1分30秒881を超えるものだった。

 2番手に続いたのはメルセデスのエステバン・オコン。139周を走りこんだオコンは、前日に続き周回数において11人中最多。オコンのベストタイムは午前中に記録したものだった。

2016年シルバーストンF1テスト2日目 エステバン・オコン(メルセデス)
2016年シルバーストンF1テスト2日目 エステバン・オコン(メルセデス)

 レッドブルのピエール・ガスリーが3番手。初日はトラブルと天候の関係で50周の走行にとどまり、タイムは最下位だったガスリーだが、2日目は103周を走り、ソフトタイヤで自己ベストタイムを出している。

 フォース・インディアの開発ドライバー、ニキータ・マゼピンがスーパーソフトで4番手タイムを記録。今回初めてF1テストに参加したマゼピンは、「人生最良の2日間だった」と述べている。


この記事は国内独占契約により英 AUTOSPORT.com 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

にゃんこ大戦争ガールズ
織田真実那(おだまみな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング