F1 ニュース

投稿日: 2019.12.24 08:10
更新日: 2019.12.23 22:01

レジェンドとメキシコのヒーロー、2019年を面白くした『ミッドゾーン』/今宮純のF1ドライバー採点総括(前編)


F1 | レジェンドとメキシコのヒーロー、2019年を面白くした『ミッドゾーン』/今宮純のF1ドライバー採点総括(前編)

 これを書かないと年を越せない。2019年シーズン、グランプリごとに『ベスト・イレブン』ドライバーを選び、☆数で採点してきた。それを基にF1ジャーナリストの今宮純氏が『2019ファイナル・ランキング』を一挙発表。前編は22位から11位までを紹介。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■22位 ニコラス・ラティフィ/ウイリアムズ(FP1×6戦)
■21位 山本尚貴/トロロッソ・ホンダ(FP1×1戦)
 今年金曜FP1セッションには二人しか起用されなかった(昨年は6チームが6人抜擢)。ラティフィが2020年シーズンへの準備を兼ねウイリアムズで6回出走、ラッセルとのタイム差はあってもコース学習を優先。それとは全く違い、第17戦日本GPで実現したF1初体験チャンスに山本は30周をこなし、クビアト+0.098秒の17番手。これから国内モータースポーツ界“ビルドアップ”の礎になるか。