F1 ニュース

投稿日: 2016.03.26 15:35
更新日: 2016.03.30 13:04

毒舌パドック裏話:メルセデス法務担当の悩み


F1 | 毒舌パドック裏話:メルセデス法務担当の悩み

 ちょっと毒舌なF1ジャーナリストがお届けするF1の裏話。開幕戦オーストラリアGP編をお届けします。

メルセデス法務担当の悩み
 ルイス・ハミルトンは自己主張の強いファッションを好むことで有名だが、今年の開幕戦はいつも以上に激しかった。毎日ダメージジーンズにサングラスといういでたちで歩き回っているのを見かけた。実は彼のファッションはチームにとって悩みの種らしい。チームの法務部長が教えてくれたのだが、メルセデスはルイスのファッションのことでパートナーのヒューゴ・ボスやプーマからしばしばお叱りを受けているというのだ。

「レースの週末のたびにルイスを叱らなければならないんです。『そのルイ・ヴィトンの派手な黄色いシューズはやめて。プーマを履いてちょうだい』みたいに」と法務担当のキャロライン・マグローリーが、開幕直前、スペシャルセミナーの席で打ち明けた。

「ヒューゴ・ボスから電話がかかってきて『なぜルイスはアレキサンダー・マックイーンのファッションショーにいるんですか?』と言われたりするんです。そうすると私たちはルイスに電話をして「お願い。スポンサー以外のファッションデザイナーについていちいちツイートしないでちょうだい。あなたはたまにヒューゴ・ボスをほめていればいいの』と言うわけです」

F1速報公式サイトでは他にも、下記トピックスを掲載中!
続きが気になった方はコチラからアクセス
ヒーローは仕事を選ばない
このクルマがあれば、なんでもできる!?
眠れない夜に


本日のレースクイーン

WAKO'S GIRLS
南まりあ(みなみまりあ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング