F1 ニュース

投稿日: 2020.05.20 14:21
更新日: 2020.05.20 14:23

一度はマクラーレンF1のオファーを断ったリカルド。2019年の復活でチームの競争力に納得か


F1 | 一度はマクラーレンF1のオファーを断ったリカルド。2019年の復活でチームの競争力に納得か

 マクラーレン・レーシングのCEOを務めるザク・ブラウンは、チームが充実した2019年シーズンを送り、F1の中団での戦いにおいてルノーを負かしたことで、ダニエル・リカルドは2021年に向けて考えを変えたのだと述べている。

 リカルドは、2018年の夏の間にマクラーレンからの誘いを受けていた。当時レッドブルに在籍していたリカルドは、翌年に向けた選択肢を検討していた。だが彼は、最終的にブラウンのオファーを断った。フルワークスチームのルノーに加入することが、ひどいパフォーマンス不振にあえいで足場を固めることに苦戦しているマクラーレンに行くよりも、彼の目的にかなっていると考えたのだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム