F1 ニュース

投稿日: 2020.06.05 08:39
更新日: 2020.06.05 09:00

ドライバー感染の事態に備えるチーム。メルセデスF1がマクラーレンとレーシングポイントにリザーブを貸し出しへ


F1 | ドライバー感染の事態に備えるチーム。メルセデスF1がマクラーレンとレーシングポイントにリザーブを貸し出しへ

 2020年F1シーズンでは、これまで以上にリザーブドライバーの存在が重要になる。レギュラードライバーがコロナウイルスに感染した場合に備え、チームは代わりになるドライバーを用意しておく必要があるのだ。

3月のオーストラリアGPでは、マクラーレンのメンバーひとりが検査で陽性であることが分かり、それによってチームが棄権、グランプリ自体が中止になった。しかし、F1のCEOチェイス・キャリーは、7月以降の新シーズンでは、感染者が出てもグランプリを中止するつもりはなく、確実に実施できる態勢を整えるとコメントした。


本日のレースクイーン

LEON RACING LADY
央川かこ(おうかわかこ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング