F1 ニュース

投稿日: 2020.08.01 14:56
更新日: 2020.08.01 14:59

フェラーリの失速最大の要因はパワーユニットと、開発を足踏みさせた世界情勢による不運


F1 | フェラーリの失速最大の要因はパワーユニットと、開発を足踏みさせた世界情勢による不運

 オーストリアGPの終了後、フェラーリのガレージではほとんど笑顔が見られなかった。2020年シーズン最初のレースの週末に、プレシーズンテスト以来多くの人が疑い、あるいは恐れていたことが、たしかな事実として突きつけられたからだ。

 フェラーリSF1000の予選での最速ラップは、2019年SF90が同じサーキットで記録したタイムよりも1秒近く遅かった。一方、メルセデスは2019年より約0.3秒速くなっている。

 つまり、メルセデスが期待に違わず進歩したのに対し、フェラーリはむしろ後退してしまったのだ。端的に言えば、イタリア人たちは前年より遅いクルマを作ったことになる。


本日のレースクイーン

2020 Team TOYO TIRES DRIFT GALS
安西茉莉(あんざいまり)

F1 Photo Ranking

フォトランキング