F1 ニュース

投稿日: 2020.08.20 09:45
更新日: 2020.08.20 09:51

ハースF1、ヒュルケンベルグ獲得に関心も弱気「今のチームの競争力では…」


F1 | ハースF1、ヒュルケンベルグ獲得に関心も弱気「今のチームの競争力では…」

 ハースF1チームは、2021年にニコ・ヒュルケンベルグを起用する機会を真剣に検討しているようだ。しかしながらチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ヒュルケンベルグがこのパートナーシップに興味を示すかどうかは分からないとしている。

 レーシングポイントのセルジオ・ペレスが新型コロナウイルスの検査で陽性結果が出たため、急きょヒュルケンベルグが代役として起用され、2020年第4戦と5戦のシルバーストン戦に参加した。2019年末でF1シートを失った32歳のヒュルケンベルグは、今年思いがけない参戦を果たしたことで、2021年にレギュラードライバーとして復帰する可能性が高まりつつあると考えられている。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

2021D’stationフレッシュエンジェルズ
林紗久羅(はやしさくら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング