F1 ニュース

投稿日: 2020.10.02 08:10
更新日: 2020.10.01 17:09

【F1第10戦無線レビュー(2)】ペナルティを受けても前向きなリカルド「オーケー、じゃ、これからもっと速く走ってやろう」


F1 | 【F1第10戦無線レビュー(2)】ペナルティを受けても前向きなリカルド「オーケー、じゃ、これからもっと速く走ってやろう」

 ピエール・ガスリーとアルファタウリの無線も、両者がイタリアGPで優勝して以来、両者の絆が一層深まっていることをうかがわせるものだった。

2020年F1第10戦ロシアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2020年F1第10戦ロシアGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

ガスリー:ギャップを教えてほしい

アルファタウリ:後ろのノリスとの差は3.2秒だ

ガスリー:後ろじゃないよ。前とのギャップだよ

アルファタウリ:5秒前方に(エステバン・)オコン(ルノー)がいる。オコンが5秒前方だ

ガスリー:ああ、わかった。でも、いま、ザウバー(キミ・ライコネン/アルファロメオ)に引っかかったちゃったよ

 その後、ガスリーはオコンをオーバーテイクできず、レース終盤にバーチャル・セーフティカー(VSC)が出たタイミングで2度目のピットイン。タイヤを替えて逆転を試みるというギャンブルに出る。そして、その目の前に43周目に現れたのが、アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ)だった。

アルファタウリ:OK、ピエール。レッツ・ゴー。今日のわれわれに相応しい結果を手に入れようぜ

 45周目にアルボンをオーバーテイクすると、今度は別のターゲットを目指す。

ガスリー:ファステストラップはいま何秒

アルファタウリ:37.7秒だ

ガスリー:OK、やってみるよ

 果たして、50周目に1分37秒231を叩き出したガスリー。

ガスリー:ファステストラップを更新できた?

アルファタウリ:ああ、いま更新したけど、ノリスもいまアタックしている。また連絡する。あっ、でも、いまボッタスがいま(ガスリーのファステストラップを)コンマ2秒更新してしまった。それでも9番手からスタートし、荒れたレースで9位でフィニッシュした。

 優勝したボッタスもまた、チェッカーフラッグ後にさまざまな思いが込み上げ、こう叫んだ。

メルセデス:やったな

ボッタス:やったぜ。イエーーース!! 僕のことを批判してきた人たちに感謝のメッセージを贈るいい機会だ。f*** you!(く**たれめ)

ボッタス:ネバー・ギブ・アップ

メルセデス:そうだな、ネバー・ギブ・アップだ

 この言葉の真意をレース後の会見で尋ねられたボッタスは、これはメディアなど特定の人に向けられたものではなく、SNSも含め、ボッタスを批判してきた人たちに対して向けて、自然に出たメッセージだったと語っている。

 この日のメルセデスは3位に終わったハミルトンも、勝ったボッタスも、少し口が過ぎる発言が多かった。

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2020年F1第10戦ロシアGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)


本日のレースクイーン

フロンティアキューティーズ
藤高つばさ(ふじたかつばさ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング