F1 ニュース

投稿日: 2020.11.02 17:34
更新日: 2020.11.02 17:36

ホンダF1田辺TDレース後会見:クビアトの4位入賞に「地元に貢献できて本当に良かった」と喜ぶ反面、悔しさも隠さず


F1 | ホンダF1田辺TDレース後会見:クビアトの4位入賞に「地元に貢献できて本当に良かった」と喜ぶ反面、悔しさも隠さず

 ホンダ製パワーユニット(PU)を搭載した4台が8番グリッドまでに並び、上位入賞が期待されたF1第13戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レース。しかしスタート直後に、まずピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)がラジエターからの水漏れで戦線離脱した。終盤には2位表彰台を目前にしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が、タイヤバーストでリタイア。アレクサンダー・アルボン(レッドブル・ホンダ0)は単独スピンで、最後尾に転落した。

 そんななかダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)だけが、今季自己ベストの4位に入って気を吐いた。ホンダF1の田辺豊治テクニカルディレクターはクビアトの上位入賞を喜びながらも、「いくら予選がよくてもレースで結果が出せなければ意味がない」と、無念さを隠さなかった。

 一方でメルセデスの7連覇については、その偉業を称賛しつつ、「来季こそ、追いつきたい」と、決意を新たにしていた。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング