F1 ニュース

投稿日: 2020.11.07 07:30
更新日: 2020.11.05 19:30

【F1第13戦無線レビュー(3)】4位入賞で実力を示したクビアト「今年はこれまで少しツキがなかったからね」


F1 | 【F1第13戦無線レビュー(3)】4位入賞で実力を示したクビアト「今年はこれまで少しツキがなかったからね」

 F1第13戦エミリア・ロマーニャGPはメルセデスがワンツーを飾り7年連続でコンストラクターズタイトルを決めた。3位にはダニエル・リカルド(ルノー)、4位にダニール・クビアト(アルファタウリ・ホンダ)が入りチームが歓喜にわいた。エミリア・ロマーニャGPの決勝レースを無線とともに振り返る。

※無線レビュー(1)、(2)

・・・・・・・・・・・・・・・・

 セーフティカーが導入された直後の51周目にピットインし損ねたルイス・ハミルトン(メルセデス)は、次の52周目にピットイン。ピットアウトするハミルトンにレースエンジニアからゲキが飛ばされる。

メルセデス:ピットアウトが最大の勝負だ。セーフティカーライン2までプッシュだ!!


本日のレースクイーン

Pガール
鈴乃八雲(すずのやくも)

F1 Photo Ranking

フォトランキング