F1 ニュース

投稿日: 2020.12.02 16:35
更新日: 2020.12.02 16:45

メルセデス、ハミルトンの代役にラッセルを抜擢。エイトケンがウイリアムズからF1デビュー:サクヒールGP


F1 | メルセデス、ハミルトンの代役にラッセルを抜擢。エイトケンがウイリアムズからF1デビュー:サクヒールGP

 メルセデスが2020年F1第16戦サクヒールGPで、ルイス・ハミルトンのマシンにジョージ・ラッセルを乗せることを発表した。ハミルトンは今週、新型コロナウイルス感染症の検査で陽性結果が出たため、サクヒールGPを欠場しなければならなくなった。

 12月1日にハミルトンの欠場を発表した際、メルセデスは、代役を務めるドライバーについては公表しなかった。しかしチームは育成プログラム出身でウイリアムズに所属するラッセルを乗せたい意向であると伝えられており、交渉の結果、ウイリアムズがラッセルを貸し出すことに同意したことが明らかになった。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

ITOCHU ENEX IMPUL LADY
あのん

F1 Photo Ranking

フォトランキング