F1 ニュース

投稿日: 2020.12.10 06:32
更新日: 2020.12.10 06:33

「とんでもない大失敗をしでかした」勝利を失ったメルセデスF1代表、生放送で失言が出るほどの落胆ぶり


F1 | 「とんでもない大失敗をしでかした」勝利を失ったメルセデスF1代表、生放送で失言が出るほどの落胆ぶり

 メルセデスF1チーム代表のトト・ウォルフは、2020年F1第16戦サクヒールGPでチームは大きなミスを犯した上に不運にも見舞われたとして激しく落胆している。タイヤ交換の際にチーム内の無線に不具合が発生し、チームは重大な違反を犯す結果になった。

 新型コロナウイルス感染症で欠場したルイス・ハミルトンの代役ジョージ・ラッセルがレース前半をリードし、メルセデスは通常どおりワンツーフィニッシュを達成するのは確実とみられた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング