レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る

F1 ニュース

投稿日: 2016.11.14 17:10

ペレス「残り2周で表彰台を逃したが、選手権4位は見えてきた」:フォース・インディア F1ブラジルGP日曜

レースを愛してやまないファンの方々へ
autosport web Premiumが登場。

詳細を見る


F1 | ペレス「残り2周で表彰台を逃したが、選手権4位は見えてきた」:フォース・インディア F1ブラジルGP日曜

 2016年F1ブラジルGP決勝で、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは7位、セルジオ・ペレスは4位だった。

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 決勝=7位
 過酷なレースだったし、僕としては笑うべきか泣くべきか、よくわからない感じだ。ポディウムに上がれる可能性もあったのに、そのチャンスを逸してしまったからね。

 クルマは文句なしの状態で、気持ちよくドライブでき、プッシュしたりオーバーテイクを仕掛けたりできるスピードもあった。レース中には何度かヒヤリとする出来事があった。特に際どかったのは、キミ(・ライコネン)が僕の目の前でクラッシュしたときだね。彼のクルマのパーツをまともにヒットして、かなりのダメージを負ったんだ。そして、ひとまずレースを続けることはできたものの、さらにデブリを踏んでパンクしてしまった。タイヤ交換でフィールドの後方に沈んだのは、本当に残念だった。あのパンクがなければ、信じられないような順位でフィニッシュしていたかもしれない。

 今日は自分自身とチームを誇りに思うよ。僕らはすばらしい仕事をした。ただ、少しだけ運に恵まれなかったんだ。

セルジオ・ペレス 決勝=4位
 とても楽しく、かつ緊迫したレースだった。あと2周というところで、ポディウムの一角を逃したのは残念だけど、マックス(・フェルスタッペン)のペースはとにかく異次元だったからね。彼はコース上の誰よりも速くて、どうあがいても彼を背後に押さえ込んでおくのはムリだった。その点では少し落胆もしているものの、すばらしいレース内容と予想以上の成績は祝うに値すると思う。特に今日のコンディションの悪さを考えればね。

 こんな日には、完走しただけでも優勝したような気分になれるものだし、4位というとても大きな成果を持ち帰ることができたのだから。いつミスをしてもおかしくない状況で、アクアプレーニングに襲われるリスクは常にあった。1周を終えてフィニッシュラインを通過するたびに、ホッとひと息ついていたほどだ。

 この成績は僕だけでなく、チームにとっても重要な意味がある。選手権の4位争いでライバルに差をつける大量得点になったからだ。まだアブダビで何が起きるかわからないけど、今日のこの結果には満足していいと思う。
  


関連のニュース