F1 ニュース

投稿日: 2021.02.09 10:18
更新日: 2021.02.09 10:20

ロシアの国際大会出場禁止がF1にも適用。マゼピンは“中立選手”として参戦へ


F1 | ロシアの国際大会出場禁止がF1にも適用。マゼピンは“中立選手”として参戦へ

 ロシアは、過去にオリンピックにおいてドーピングを行ったために、主要国際大会への参加を2年間禁止された。その影響がロシア出身ドライバーやF1ロシアGPに及ぶことが明らかになった。

 2014年、ロシアが組織的なドーピングを行い、選手の検査データを改ざんしてきたとの報道がなされたことから調査が行われ、昨年12月、スポーツ仲裁裁判所(CAS)がロシアに対し主要国際大会への参加を2年間(2022年12月16日まで)禁止するという決定を下した。選手は“中立選手”として個人資格で参加することが可能だが、ロシアの国旗掲揚、国歌斉唱は許されない。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

ZENTsweeties
亀澤杏奈(かめざわあんな)

F1 Photo Ranking

フォトランキング