F1 ニュース

投稿日: 2021.04.02 12:12
更新日: 2021.04.02 12:16

英国人ライターのF1ルーキーペア観察日記/バーレーン編:惨憺たるデビュー戦。マゼピンが示した自分への強い怒り


F1 | 英国人ライターのF1ルーキーペア観察日記/バーレーン編:惨憺たるデビュー戦。マゼピンが示した自分への強い怒り

 2021年F1にデビューするミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンは、ともにハースF1チームで初めてのシーズンを送る。ふたりはどのように学び、つまずき、成長していくのか。キャラクターの異なるふたりのルーキーのデビューシーズンを、英国人ジャーナリスト、クリス・メッドランド氏が観察していく。

────────────────────────────

 開幕戦バーレーンGPを終えて分かったのは、今年はハースにとって長く厳しいシーズンになるということだ。ふたりのルーキードライバーは非常に苦労するだろう。とりわけミスを犯した場合には……。

 今年のミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンに大きな期待はかけられていない。ハースの2021年型マシンに競争力がなく、グリッド後方に沈むだろうことを誰もが知っているからだ。ふたりにとって今年は、とにかく経験を積んで向上し、マシンのパフォーマンスが改善することが期待される2022年への準備を整えるための時間なのだ。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム