F1 ニュース

投稿日: 2021.04.15 10:25
更新日: 2021.04.15 10:27

F1技術解説バーレーンGP編(2):メルセデスW12に存在する“コブ”の秘密


F1 | F1技術解説バーレーンGP編(2):メルセデスW12に存在する“コブ”の秘密

 2021年F1バーレーンGPで走行した各チームのマシンを、F1i.comの技術分野を担当するニコラス・カルペンティエルが観察、開幕戦で明らかになった変更点を解説した。第2回では、メルセデスとアストンマーティンのカウルに見られる隆起について考察する。

────────────────────────────────

 バーレーンサーキットで行われた直前テストで、メルセデスの新車W12のエンジンカウルに、特徴的な隆起(コブ)が見て取れた。V6ハイブリッドエンジンの吸気系の取り回しに変更を加えたことが想像されたものの、その時点では内部を見ることはできなかった。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連チーム