F1 ニュース

投稿日: 2021.04.20 15:02
更新日: 2021.04.20 15:03

ラッセル、クラッシュ後の振る舞いについてボッタスやウイリアムズF1へ謝罪「感情が高まり冷静さを欠いた」


F1 | ラッセル、クラッシュ後の振る舞いについてボッタスやウイリアムズF1へ謝罪「感情が高まり冷静さを欠いた」

 ジョージ・ラッセルは、F1第2戦エミリア・ロマーニャGPでバルテリ・ボッタス(メルセデス)とクラッシュした後の自身の過剰な反応について、所属するウイリアムズとボッタスに謝罪した。

 エミリア・ロマーニャGPの決勝レースにおいて、ラッセルとボッタスは9番手を争い、30周目に一気に近づいた。ラッセルはタンブレロへの追い込みでオーバーテイクの動きを仕掛けたが、コースのウエットな部分でコントロールを失い、ボッタスに衝突。ふたりのドライバーはその場でリタイアした。彼らのマシンはかなりの損傷を受け、ラッセルは大きな犠牲を払うことになった接触に関して当初ボッタスを批判していた。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

DUNLOP DIREZZA GIRLS 2021
美月千佳(みづきちか)

F1 Photo Ranking

フォトランキング