F1 ニュース

投稿日: 2021.06.05 08:49
更新日: 2021.06.05 08:52

ホンダが初日首位、全車がトップ10入り「好調なスタート。最適化を進めてライバルとの戦いに臨む」と田辺TD/F1第6戦


F1 | ホンダが初日首位、全車がトップ10入り「好調なスタート。最適化を進めてライバルとの戦いに臨む」と田辺TD/F1第6戦

 2021年F1アゼルバイジャンGPの金曜、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはフリー走行1=1番手/2=2番手、セルジオ・ペレスはフリー走行1=4番手/2=1番手だった。スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーはフリー走行1=6番手/2=5番手、角田裕毅はフリー走行1=14番手/2=10番手で、ホンダのパワーユニット(PU/エンジン)搭載全車がトップ10入りして初日を終えた。


関連のニュース

F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

BUSOUサーキットレディ
遊馬りえ(ゆうまりえ)

F1 Photo Ranking

フォトランキング