F1 ニュース

投稿日: 2021.06.09 17:02
更新日: 2021.06.09 17:17

順位を争い接触しかけたマゼピンとシューマッハー。ハース代表は「わだかまりは解けた」と主張/F1第6戦


F1 | 順位を争い接触しかけたマゼピンとシューマッハー。ハース代表は「わだかまりは解けた」と主張/F1第6戦

 ハースF1チームの代表を務めるギュンター・シュタイナーは、第6戦アゼルバイジャンGPでチェッカーフラッグへ向けた走行中にニキータ・マゼピンがミック・シューマッハーに対し危険な行動をとったことについて、ふたりはわだかまりを解いたと述べている。

 両者はリスタート後、アゼルバイジャンGPの最後の2周で順位を争い、マゼピンがシューマッハーに先行していた。ふたりがフィニッシュラインに向かうメインストレートを全力で走行するなか、シューマッハーはマゼピンに追いついたが、突然マゼピンがシューマッハーをウォール側へ押しやるような動きを見せた。それでもシューマッハーはマゼピンをパスし、0.07秒の差をつけてチェッカーフラッグを受けた。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム