F1 ニュース

投稿日: 2021.06.11 15:30
更新日: 2021.06.11 15:21

キャリア初走行のバクーでベストリザルト「確実に前進している」/角田裕毅の海外メディア評 F1第6戦


F1 | キャリア初走行のバクーでベストリザルト「確実に前進している」/角田裕毅の海外メディア評 F1第6戦

 波乱のレースとなったF1第6戦アゼルバイジャンGP。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)は予選で初のQ3進出を果たすと、7番手からスタートした決勝ではライバルを抑えながら順調に周回を重ね、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)のクラッシュにより6番手で赤旗中断を迎える。リスタート後に2台に抜かれはしたものの、前を走るルイス・ハミルトン(メルセデス)のミスにより角田は7位でフィニッシュ。開幕戦以来のポイントと、自己ベストリザルトを獲得した。

 角田自身はリスタート後にポジションを落としたことに悔しさを見せるが、第2戦以降厳しいレースが続いた彼にとっては名誉挽回のレースとなったことは間違いない。そんな角田のアゼルバイジャンGP週末を海外メディアはどう捉えたのだろうか。今回も彼らの評価を見ていこう。


F1 関連ドライバー

F1 関連チーム

本日のレースクイーン

2021 raffinee Lady
藤井マリー(ふじいまりー)

F1 Photo Ranking

フォトランキング