F1 ニュース

2016.04.13

バトン、2基目のエンジン投入が決定。トラブル原因調査の結果


F1 | バトン、2基目のエンジン投入が決定。トラブル原因調査の結果

 マクラーレン・ホンダのジェンソン・バトンは、今週末の中国GPで今季2基目のエンジンを使用しなければならなくなった。バトンは前戦バーレーンGP決勝をパワーユニットのトラブルでリタイアした。

 レース7周目、10位を走行中にバトンは問題に見舞われ、マシンをコース脇に止めた。ファクトリーで調査を行った結果、ホンダは中国でバトンのICE(エンジン)を交換することを決めた。

「ジェンソンのICEにメカニカルトラブルがありました。次のレースウイークエンドでこれを交換します」とホンダF1プロジェクト総責任者、長谷川祐介氏は述べた。
「徹底的に状況を調査しており、今後使用するエンジンすべてにおいて修正を行っていきます」

 21戦が行われる今年はドライバーひとりあたりパワーユニットを5基使用でき、パワーユニットを構成する6つのコンポーネントのいずれかが6基目以降に入った場合はグリッドペナルティが科される。

 長谷川総責任者は、トラブルは発生したものの、昨年と比べてパワーユニットは大きく向上していることが確認できたと語った。バーレーンでは、ドクターストップを受けたフェルナンド・アロンソに代わって出場したリザーブドライバーのストフェル・バンドーンが予選12位から決勝10位を獲得、チームにとって今季初入賞を成し遂げた。

「ストフェルのペースから分かるように、昨年以降我々が大きな進歩を遂げたのは間違いありません。上海の1kmにおよぶストレートにうまく対処するには、パッケージ全体のパフォーマンスをさらに向上させる必要がありますが、正しい方向に進んでいることを知って心強く感じています」


F1 News Ranking

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ2019
月愛きらら(かぐあきらら)

F1 Photo Ranking

フォトランキング