F1 ニュース

投稿日: 2016.04.15 22:51
更新日: 2016.04.15 22:52

今宮純の金曜インプレッション:ライコネン「勝ちパターン」の予感だが、気がかりな天候変化


F1 | 今宮純の金曜インプレッション:ライコネン「勝ちパターン」の予感だが、気がかりな天候変化

 プッシュしていないようでいてタイムは、ちゃんと出ていた。金曜フリー走行2回目、キミ・ライコネンが彼らしいドライビングタッチを見せ、セクター1とセクター2で最速。ただひとりの1分36秒896、前戦バーレーンGPに続き、セバスチャン・ベッテルに先行した。

 金曜トップは3年前のバーレーンGP以来、そのとき決勝では2位になっている。さかのぼると中国GPを制した2007年にはフリー走行1、2、3回目ずっとトップで、予選こそルイス・ハミルトンにポールポジションを許したが逆転勝ち。そして最終戦で大逆転、王座獲得への分岐点が、ここだった。

 そんな懐かしいエピソードを思い出した、この日。午前中のフリー走行1回目では、すべりまくるフェラーリに悪態をつくほどだった。ラリーカーを操るみたいな忙しいステアリングワークで5位、ベッテルから約0.5秒落ちは異常だ。大きくセッティングを変えたのか、あるいは路面温度が午後になって14度も上がり47度(!)に達したから、そのコンディション変化に合わせこむ程度のアジャストだったのか。


本日のレースクイーン

ZENTsweeties
藤永妃央(ふじながきお)

F1 Photo Ranking

フォトランキング