ル・マン/WECニュース

投稿日: 2011.03.09 00:00
更新日: 2018.02.16 01:18

Grand-Am GT第2戦でスピードソースRX-8が2位表彰台


    Grand-Am GT第2戦 #69スピードソースRX-8が2位表彰台

    Grand-Am GTシリーズ第2戦が、スピードソースのホームトラックであるホームステッドマイアミスピードウェイで開催され、昨シーズンのディフェンディングチャンピオン#69 RX-8のエミル・アッセンテイトとジェフ・シーガルが2位表彰台を獲得した。

    デイトナ終了後のインターバルとなったこの2月中、スピードソースのクルー達は24時間耐久仕様だったマシンをスプリント仕様へと変更し、このホームステッドマイアミに臨んだ。タイヤの磨耗がホームステッドマイアミでの重要なポイントであり、チーム毎のタイヤ交換の戦略がレースの見どころとなる。

    レースでは、エミル・アッセンテイトが#69 RX-8のスターティングドライバーを担当し、危なげなくラップを重ねた。途中30分間ものコーションラップがあったが、ジェフ・シーガルにチェンジする良いチャンスとなり、交代後はシーガルが果敢にプッシュ。最終ピットストップでは、タイヤ交換を3本のみとする作戦でタイムを短縮したのが功を奏し、シーガルが2位でチェッカーを受けた。
    一方、チームメイトの#70 RX-8はシルべイン・トレンブレイのドライブにより5番手グリッドからスタート。スタート直後に4位に上がり、以降はタイヤをいたわる我慢の走りでラップを重ねた。残り1時間というところでジョナサン・ボマリトにドライバーチェンジ。クルー達の素早いピットワークにも助けられ4位でゴールした。
    続いてデンプシーレーシングの#41 RX-8 デーン・キャメロンとジェームス・グーが5位でフィニッシュしたが、残念ながら#40 RX-8 はレースの序盤、パトリック・デンプシーのドライブ中にメカニカルトラブルでリタイヤに終わった。


    関連のニュース

    ル・マン/WEC News Ranking

    本日のレースクイーン

    tomica
    山本もえぎ(やまもともえぎ)

    ル・マン/WEC Photo Ranking

    フォトランキング