ラリー/WRC ニュース

投稿日: 2020.11.11 12:21
更新日: 2020.11.11 12:28

ERC第4戦:復帰参戦のアンドレアス・ミケルセンが快勝。オリバー・ソルベルグは4位


ラリー/WRC | ERC第4戦:復帰参戦のアンドレアス・ミケルセンが快勝。オリバー・ソルベルグは4位

 2020年ERCヨーロッパ・ラリー選手権第4戦、11月6~8日開催の『ラリー・ハンガリー』は、シリーズ卒業生としてWRC世界ラリー選手権でも3勝を挙げているアンドレアス・ミケルセン(シュコダ・ファビア・ラリー2エボ)が、全16SS中7ステージを制して完勝。

 2018年ERC王者アレクセイ・ルカヤナク(シトロエンC3 R5)や、MRFタイヤの開発を担うクレイグ・ブリーン(ヒュンダイi20 R5)、そして第2戦勝者で急遽シュコダ・ファビアR5 エボ2をドライブした19歳のオリバー・ソルベルグらを降し、貫禄の走りを披露した。


関連のニュース

本日のレースクイーン

ARTA GALS
はらことは(はらことは)

ラリー/WRC Photo Ranking

フォトランキング