ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2016.07.12 22:46
更新日: 2018.07.20 14:24

ポルシェ IMSAスポーツカー選手権第6戦ボウマンビル レースレポート


ル・マン/WEC | ポルシェ IMSAスポーツカー選手権第6戦ボウマンビル レースレポート

プレスインフォメーション
2016年7月12日

IMSAウェザーテックスポーツカー選手権第6戦、ボウマンヴィル/カナダ

ポルシェ911 RSRが6位入賞

ドイツ. ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:Dr.オリバー・ブルーメ)のポルシェ ノースアメリカ ファクトリーチームの駆るポルシェ911 RSR 912号車が、IMSAウェザーテックスポーツカー選手権第6戦のGTLMクラスで6位を獲得しました。ボウマンヴィル(カナダ)の超高速サーキット、カナディアンタイヤモータースポーツパークで、912号車のアール・バンバー(ニュージーランド)/フレデリック・マコヴィッキ(フランス)組は、途中2位に浮上したものの、レース終盤の熾烈な競争の結果、このポジションを守ることは出来ませんでした。ロングビーチレースを制覇したチームメイトのパトリック・ピレ(フランス)/ニック・タンディ(イギリス)組の911号車は8位でゴールしました。ポルシェは現在、北米のプレミアスポーツカーレースシリーズのマニュファクチャラークラスにおいて3位にランクインしています。

 GTDクラスのポールポジションからスタートしたシアトル/アレックス・ジョブ・レーシングのポルシェ911 GT3 Rは、元ポルシェ ジュニアのアレックス・リベラス(スペイン)が最初のピットストップまでリードを守り、ヴァイザッハ製500PSのカスタマーレーシングカーを受け継いだチームメイトのマリオ・ ファルンバッハ(ドイツ)も長時間に渡りライバルを寄せ付けませんでした。しかしチェッカーフラッグまで残り1時間の時点で、911 GT3 Rは1本のホイールナットが緩み、その時点でラグナセカに続く2度目の優勝の希望が潰えました。ポルシェ カスタマーチームの最高の順位は、パーク・プレイス・モータースポーツのワークスドライバー、イェルク・ベルクマイスター(ドイツ)/パトリック・リンゼイ組の6位でした。

ポルシェ・ノースアメリカの911号車ポルシェ911 RSR
ポルシェ・ノースアメリカの911号車ポルシェ911 RSR
パークプレイス・モータースポーツのポルシェ911 RSR
パークプレイス・モータースポーツのポルシェ911 RSR
アレックス・ジョブ・レーシングのポルシェ911 RSR
アレックス・ジョブ・レーシングのポルシェ911 RSR

本日のレースクイーン

レーシングミクサポーターズ
青山明日香(あおやまあすか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング