ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.10.04 20:41
更新日: 2019.10.06 23:31

WEC第2戦富士:トヨタ、初導入の“サクセス・ハンディキャップ”に苦戦。「辛いレースになるかも」と可夢偉


ル・マン/WEC | WEC第2戦富士:トヨタ、初導入の“サクセス・ハンディキャップ”に苦戦。「辛いレースになるかも」と可夢偉

 10月4日に開幕した2019/20年WEC世界耐久選手権第2戦富士。2回のフリープラクティスが行われた金曜日、TOYOTA GAZOO Racingは今季初導入された“サクセス・ハンディキャップ”の影響も受けたが、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組8号車トヨタTS050ハイブリッドが両セッションでトップタイムを記録した一方、チームメイトのマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組7号車トヨタTS050ハイブリッドは、ハンデの影響が大きかった上、レースセッティングに専念したこともあり、タイムシートではクラス最下位となる場面もあった。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

モデリスタカスタマイズクイーン
岸谷知果(きしたにともか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング