ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2019.11.09 20:50
更新日: 2019.11.09 21:01

WEC上海:トヨタ、連続ポール記録が10でストップ。苦戦を予想し「新品タイヤを残す決断をした」


ル・マン/WEC | WEC上海:トヨタ、連続ポール記録が10でストップ。苦戦を予想し「新品タイヤを残す決断をした」

 11月9日、2019/2020年WEC世界耐久選手権第3戦上海の公式予選が中国、上海国際サーキットで行われ、LMP1クラスに参戦するTOYOTA GAZOO Racingはマイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ-マリア・ロペス組7号車トヨタTS050ハイブリッドが総合4番手から、セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴/ブレンドン・ハートレー組8号車トヨタTS050ハイブリッドが同5番手から決勝レースに挑むことになった。

 ランキング最下位のマシンを基準にした計算に基づき、1周あたり最大2.74秒遅くなる“サクセス・ハンディキャップ”が与えられたトヨタにとってこれまで以上に苦戦を強いられることが予想されたWECの上海ラウンド。その予想を裏付ける結果は事前のフリープラクティスでも表れていた。しかし、土曜の予選ではその影響がより鮮明になった。


ル・マン/WEC News Ranking

本日のレースクイーン

エヴァンゲリオンレーシングRQ2019
北村沙織(きたむらさおり)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング