ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.03.11 11:36

WEC:セブリングでのサクセスハンデ、7号車トヨタは1周3秒ロス。一方、上位3台の差は縮小


ル・マン/WEC | WEC:セブリングでのサクセスハンデ、7号車トヨタは1周3秒ロス。一方、上位3台の差は縮小

 FIAは3月18~20日、アメリカのセブリング・インターナショナル・レースウェイで行われる、WEC世界耐久選手権第6戦セブリング1000マイルで適用される“サクセス・ハンディキャップ”を発表した。

 2019/2020年シーズンから運用が開始されたサクセス・ハンディキャップは、WEC/ル・マン24時間の最高峰カテゴリーであるLMP1クラスの各車両に課せられるもの。決定したハンディキャップに応じて車両重量や燃料流量、ハイブリッド車ではMGUの使用エネルギー量などを調整することで、各車の性能差の縮小を図る仕組みだ。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

本日のレースクイーン

RAYBRIG
黒崎はるか(くろさきはるか)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング