ル・マン/WEC ニュース

投稿日: 2020.08.12 12:00
更新日: 2020.08.12 12:10

ポルシェ、911 RSRの新しい排気レイアウトを模索。音量抑制でテストの容易化図る


ル・マン/WEC | ポルシェ、911 RSRの新しい排気レイアウトを模索。音量抑制でテストの容易化図る

 ポルシェは2021年のWEC世界耐久選手権に登場する可能性がある、新しい排気レイアウトを採用したポルシェ911 RSRをテストした。イタリアのモンツァで行われた最新のポルシェ911 RSRのテスト映像では、2019年モデル(MY19)に見られる後輪前方でのサイド排気方式ではなく、エキゾーストパイプがリヤに配置されているのが確認できる。

 ポルシェのファクトリーモータースポーツを指揮するパスカル・ズーリンデンはSportscar365に対し、リヤマウント・エキゾーストはまだホモロゲーション(公認)を受けておらず、2019/20年シーズンのGTEカーには登場しないと語った。


この記事は国内独占契約により 提供の情報をもとに作成しています

関連のニュース

本日のレースクイーン

KeePer Angels
後藤佑紀(ごとうゆうき)

ル・マン/WEC Photo Ranking

フォトランキング